« お好み焼きとフレンチトースト | トップページ | リサイクル&リユース »

疲れた

「僕は誰かを嫌ったり、

 憎んだり、恨んだりして生きていくことに疲れたんです。

 誰をも愛せないで生きていくことにも疲れました。

 僕には一人の友達もいない。

 ただの一人をもです。

 そしてなによりも、自分自身を愛することすらできない。

 なぜ自分自身を愛することができないのか?

 それは他者を愛することができないからです。

 人は誰かを愛することによって、

 そして誰かから愛されることによって、

 それらの行為を通して自分自身を愛する方法を知るのです。

 誰かを愛することのできないものに、

 自分を正く愛することなんができません」



村上春樹の『1Q84 Book2』の中の一節です。


逆も言えると思うのです。


自分を正く愛することができない人は、

誰かを愛することができない。


私は自分が大好き(笑)

だから、たくさんの愛でいっぱい・・・かも(爆)


そして、

いろんなものを嫌い、憎み、恨んでいるのかもしれません。

そっと心に秘めて・・・。


どちらが幸せで、どちらが不幸せかなんて、

わかりませんね。


もっと気楽に、もっと鈍感に、もっと馬鹿に、

なりたい自分もいます。

私の心は、日々変化していますが、

進化なのか、衰退なのかは・・・謎です。






|

« お好み焼きとフレンチトースト | トップページ | リサイクル&リユース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お好み焼きとフレンチトースト | トップページ | リサイクル&リユース »